私の考え方

はじめに

歯科医院開業以来、約30年、下北唯一の小児歯科学会会員として、また1988年からは第二田名部小学校の学校歯科医として、むつ市をはじめとして大間町、佐井村、風間浦村、東通村、六ヶ所村、横浜町の下北そして一部の上北の子どもさんたちのために、平穏無事に歯科診療にまい進してこれましたのも、これまで通院して下さった患者さんのおかげだと感謝しております。

  ホームページ開設にあたって当院の治療方針、特に私の考え方について述べておきたいと思います。
写真は愛犬マルチーズの「マリーちゃん」、おてんば娘です。ミニチュアダックスフントが17歳で亡くなったあとに、家族の一員になりました。
マリーちゃんをクリックすると、11年前の私の写真になります。当時は78kgの肥満でした。数年前に一念発起して、ご飯を半膳にして更に2年前から断食療法(平日は半日断食、日曜祝日は一日断食)を繰り返してスッキリしました。現在は54.2kgです。

11年前の私

11年前の私は、完全な右噛みの左右非対称の顔貌でした。
11年前の私は、完全な右噛みの左右非対称の顔貌でした。左右の眉毛を結んだ線と左右の瞳を結んだ線は右側に下がっています。11年間の右噛みの矯正の努力の結果、現在はほぼ水平になっています。現在のスッキリしたほぼ左右対称の顔をご覧になりたい方は来院して下さい。口角を結んだ線は、11年前は右噛み矯正数ヶ月後だったので、わずかに左側に上がっていますが、現在はほぼ水平です。

開業30年の経過

北大歯学部卒業後、弘前大学医学部歯科口腔外科学講座に在籍していましたが、医学部の歯科口腔外科は口腔外科だけではなく、白血病の子どもたちの小児歯科、脳性麻痺やダウン症の子どもたちの障害者歯科を含んだ歯科治療全般にわたって治療していました。顎関節症外来の初代医長も務めました。

1年間麻酔科でも研修して、全身麻酔、救急蘇生、ペインクリニックを学びました。

公立野辺地病院歯科口腔外科医長として勤務後、1986年にむつ市で歯科医院を開業しました。最初は歯周病、小児歯科、口腔外科、インプラント治療、矯正歯科、顎関節症、一般歯科を中心に診療していました。

患者さんの病態に応じて研鑽を積み、今では「赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで」を目標にほとんどの範囲を網羅しています。

加入している学会は30になります。約30年の間に毎年、学会発表を行っていますが、昨年は4演題発表しました。

北大仕込みの歯周病治療

北大歯学部の学生時代に、石川純先生という歯周病の大家の先生から講義を受けて、歯周病の重要性を認識しました。教育も充実していて学生時代に歯周外科手術も経験しています。

開業当時、ペリオ1型という保険制度があって、3ヶ月規制のため日常的に歯周病治療をしている歯科医師は、下北地域では私を含めてたった2名でした。県内でも全国的にも3%の歯科医院しか日常的に歯周病に取り組んでいませんでした。

平成8年に3ヶ月規制が撤廃されてから、ほとんどの先生が歯周病治療を行うようになりましたが、それまでは歯周病は放置されていました。開業当時からの歯周病の患者さんは、約30年になります。

80歳の総入れ歯のおばあちゃん

ある時80歳の上下総入れ歯のおばあちゃんが「左側で噛むと痛い」という主訴で来院されました。このような時、若い先生はすぐに削ります。しかし、多くの場合、一度削ると泥沼に入ります。ますます左側にズレていくからです。この患者さんの上下の総入れ歯も過剰削合されていました。何が問題だったのでしょうか?

80歳の総入れ歯のおばあちゃん

80歳の総入れ歯のおばあちゃん

80歳の総入れ歯のおばあちゃん

(向かって右側が患者さんの左側です。
やや上方に深くなっています。)


左の噛み癖

このおばあちゃんは60歳で上下総入れ歯になったそうです。最大開閉運動をしてもらうと左側にズレています。歯がある時は、左噛みだったことがわかります。レントゲンも左側の下顎骨がねじれ上がっていました。

左側の噛み合わせの部位に、レジンという材料を盛って回復してから、上下の正中(真ん中)が合うように練習してもらいます。
その後上下の総入れ歯を作り直して解決しました。

初診時パノラマ

(向かって右側が患者さんの左側です。顎角部が反対側よりも上がっています。また、比較的早期に総入れ歯になったために特に下のアゴの骨が吸収して細くやせています。適合性のよい入れ歯でも使っているうちに必ずアゴの骨が吸収してやせていきます。作り直すたびに条件の悪い入れ歯になっていきます。入れ歯にしないことが最良の方法ですが、次善の策はできるだけ入れ歯にする年齢を遅らせることです。)

なぜ総入れ歯になったのか?

60歳で上下総入れ歯になったということは、上下の歯が全て喪失したということですが、下が先に総入れ歯になったようです。これは人によって異なります。上が先に総入れ歯になるケースもあります。

歯の喪失の原因は、ムシ歯と歯周病で約9割です。これに噛み癖と歯ぎしりが重なると喪失が促進されます。

右側の咀嚼癖があると右側の上か下のまず奥歯が喪失します。この時作られる入れ歯を片側遊離端義歯といいます。片側だけの奥歯の入れ歯です。これを使いこなせないと、噛み癖側が左側に移動して次第に左噛みが習慣化していきます。ついで左側の奥歯が喪失して左右両側のつながった入れ歯(これを両側遊離端義歯といいます)になります。次に前歯がなくなると総入れ歯になってしまうわけです。上顎では先に前歯部が喪失する例も少なくありません。

  以上から言えるのは、ムシ歯予防と歯周病予防、さらに噛み癖と歯ぎしり対策で、自分の歯を失わずにすむということです。

入り口対策と出口対策

「このおばあちゃんを総入れ歯にしないためにはどうすればよいのか」という問いは次世代の子どもたちに生かされます。このおばあちゃんを救うだけではキリがありません。目の前の患者さんの治療も大事ですが、このような患者さんを予防するにはどうすればよいのか、という問いも重要です。

  診断には2種類あります。一つは治療のための診断ですが、もう一つは予防のための診断です。予防のための診断は乳幼児を含む他の患者さんに生かされます。予防を徹底的に追及すると母子歯科保健と乳幼児歯科に要約されます。

 平成17年度からの1歳6ヶ月児、2歳児、3歳児の歯科健診の診査票のデータを分析して乳幼児の治療と予防に役立てています。3年後には私と同じ北大歯学部を卒業した息子が帰ってきますので、協力して地域の子どもさんたちのために頑張りたいと思っています。

技工士さんを採用しない理由について

当院にも10年間技工士さんが務めていました。その後新しい技工士さんを採用しようと思って、3人ほど面接しましたが、こちらの希望するレベルに達していなかったので、採用をあきらめました。

そのとき、むしろ、レベルの高い技工所に外注した方が、レベルの高い技工物を患者さんに提供できる、と考えました。更に、技工用の器械も年々高額になっていきます。その分、診療室の器機を充実させた方が効率的であることに気づきました。

技工士さんを一人採用しても、全ての技工物を製作する事は不可能です。また技工士さんの、力量によって技工物の精度が左右されます。現在、技工士さんはいませんが、むしろ、レベルの高い技工所に外注することによって、質の高い技工物を提供できていると考えています。

現在、むつ市の宮川歯科技工所さんと、青森市の技工所さんにお願いしています。
全ての技工物を外注しているわけではありません。私は約15年前にK3システムの研修を受けましたので、このK3システムで製作できるものは、自分で製作しています。歯ぎしり装置、顎関節症のための咬合挙上床、マウスガード、睡眠時無呼吸症候群のためのスリープスプリントは、私が製作しています。
技工士の宮川さんには、技工士がつくるよりも上手だと言われています。それはなぜかと言いますと、患者さんの癖や口腔内を熟知しているので、装置を個々の患者さんに適応した形に仕上げることができるからです。特に、インプラント用の診断用スプリントとサージカルスプリントは,術者が製作するもののように作る事は、技工士さんには無理でしょう。
私が考案した形態のものもあります。

K3システムについて

歯ぎしり装置、顎関節症のための咬合挙上床、マウスガード、睡眠時無呼吸症候群のためのスリープスプリントなどは、K3システムで私が製作しています。
そのK3システムについて説明します。
これは小児歯科学会、みちのく歯学会、で発表した内容や、平成17年度に補綴学会で発表した「逆回転切削研磨法」を基に説明します。

よりシステム化されたK3システムの手順について

[咬合付与あり]
  1. 顎位の設定
  2. 上下顎印象
  3. 咬合器装着
  4. 模型調整
  5. 石膏硬化剤塗布
  6. シートの選択
  7. K3スタンプの調整
  8. シートの軟化圧接
  9. 切り出し
  10. 切削研磨

[咬合付与なし]
  1. 上顎もしくは下顎印象
  2. 模型調整
  3. 石膏硬化剤塗布
  4. シートの選択
  5. シートの軟化圧接
  6. 切り出し
  7. 切削研磨

切削と研磨

img_01

【逆回転切削研磨法】平成17年度に補綴学会で発表
石膏の硬さ以下のものは、逆回転切削研磨法がきれいに研磨できます。
石膏専用カーバイドバーを使います。スタッフに撮影してもらいました。
img_02

img_03

img_04

逆回転切削研磨法による模型調整

img_05
模型調整は水で濡らす
img_01

img_02

img_03

Airline溝の形成

img_04

逆回転切削研磨法はなぜ効率がよいのか?

【2次元切削モデル】
img_01
「はじめての切削加工」工業調査会 2003年

【刃と被削体との関係】
img_02
「明解歯科理工学」学建書院 1996

【ダウンカット】
img_03
「はじめての切削加工」工業調査会 2003年

正回転の欠点は下記の通りです
すくい角が小さいと切り込み深さが大きくなり、切削速度が低下する
正回転は面荒れを起こし、効率が低下するということです。
【切削効率】
切削速度×一回削除量×切削回数(切削面の荒さ)

被削体が十分に硬くないときは1回削除量は決定因子とはならない
(石膏の硬さ以下のもの)
逆回転切削研磨法はダウンカットで
すくい角の影響をなくして、切削速度を増加させ面荒れを減少させて切削効率を高める
更に逃げ角の影響をゼロにして発熱を防ぐ

【逆回転切削研磨法の特徴】
  1. 切削効率が高い
  2. 切り屑が手前に飛び散らない
  3. 面が荒れにくい
  4. 削り過ぎない
  5. ほとんど発熱しない
  6. 石膏の硬さ以下のものに有効である

模型調整後に水洗する

img_01

模型調整の仕上げ

  1. 気泡を埋める
  2. アンダーカットを埋める
  3. 欠損部を埋める
  4. 歯牙崩壊部分を埋める
  5. きつそうな歯間部を埋める

石膏硬化剤塗布

ハルテバッド
img_01

img_02

img_03

インプラントのサージカルステントの製作 2mmHC

【K3スタンプの調整】
顎間調整器具の設置
上顎を下にする
img_01

img_02

img_03

img_04

【Heating Box】添加MGを軟化棒状にする
img_05

【上模型セット前に4mmHCガイドを設置する】
img_06

img_07

img_08

【内部応力の解放】
img_09

【メタルビーズ填入】
img_10

img_11

img_12
【シート装着•加熱】
img_01

【シート軟化】4mmHC
img_02

img_03

img_04

img_05

img_06

【シート圧接とK3スタンプ設置】
スーパーシートとヒーティングガン
img_07

img_08

img_09

【圧接シート除去】
img_10

【メタルビーズ回収】
電気掃除機2980円
img_11

img_12

img_13

MG21の切り出し方

  1. 模型周囲を円形に切り抜く
  2. 口蓋部を舌状に切り取る
  3. 上顎は右側臼歯部遠心を
     口蓋側から頬側へ切り離す
  4. 下顎は左側臼歯部遠心を
     舌側から頬側へ切り離す
  5. 左利きは上記を反対にする
  6. 臼歯部から前歯部そして
     反対側臼歯部へ
  7. 一筆書きのように切り離す
  8. 円滑な曲線に修正する

MG21の切り出し

【円形に切る】
EZカッター
img_14

img_15

img_16

img_17

【口蓋側を舌状に切り取る】
img_18

img_19

img_20

【一筆書きのように最終外形腺に沿って切り取る】
右上上顎結節部から前歯部そして反対側臼歯部へ
img_21

img_22

img_23

【切り取り終了】
EZカッター
img_24

img_25

img_26

逆回転切削研磨法

軟質レジン専用カーバイドカッター
MYポリッシャー
img_01

img_02

img_03

img_04

【研磨後水洗】
img_05

研磨後の仕上げ

Heating Gun
img_06

img_07

EVAの切り出し

【臼歯部頬側からブロックに分けて切り出す】
img_01

img_02

img_03

img_04

【上顎結節部を切り出す】
img_05

【硬口蓋後方部と軟口蓋部を切り出す】
img_06

img_07

【硬口蓋前方部を扇形に切り出す】
img_08

img_09

img_10

【逆回転切削研磨法】
スプリントジスク
img_11

【EVA】
Ethylene-Vinyl Acetate Copolymer
エチレンー酢酸ビニル共重合体

【ペットボトル】

Poly Ethlene Telephtalate

ポリオレフィン系材料の特徴(MG21)

  1. 化学的に安定
  2. 無味無臭
  3. 環境ホルモンは含まれていない
  4. 生体への安全性は高い
  5. 加熱溶着性に優れている
  6. 剥離強度が高い
  7. 吸水性はほぼゼロ
(「スポーツマウスガードハンドブック」医学情報社,2004)

エチレンー酢酸ビニル系材料の特徴

  1. エチレンは硬質ブロック
  2. 酢酸ビニルは軟質ブロック
  3. 常温では一定の弾性体
  4. 温度上昇に伴いエチレンが溶ける
  5. ゴムに比べて軽量、透明
  6. 無毒
  7. 酢酸ビニル含有量が高いと柔軟性が増し、
     融点が低くなり、接着性がよくなるが、油類におかされやすい。
  8. 酢酸ビニル含有量の少ないものは
     耐薬品性に優れている
(「スポーツマウスガードハンドブック」医学情報社,2004)

剥離試験

img_12

硬度

img_13

吸水性

img_14

最も身近なプラスチック=ポリオレフィン

  1. スーパーの買い物袋
  2. 風呂場の石鹸置き
  3. 荷造りヒモ
  4. ゴミ袋
  5. シャンプーボトル
  6. 水道管、ガス管
  7. タバコ包装
  8. 透明ファイル
  9. 密閉容器の蓋
  10. 化粧品チューブ
  11. 灯油缶
  12. 食品包装
【ポリオレフィンの長所】MG21
  1. 軽量で水に浮く
  2. 柔軟で耐衝撃性に富む
  3. 繰り返し疲労特性が優れている
  4. 耐水性が優れている
  5. 他の薬品にも耐久性が高い
  6. 幅広く特性を変えることができる
  7. 加工性が優れている
  8. 原材料が安価

【ポリオレフィンの短所】MG21
  1. 剛性が低い
  2. 表面が軟らかくキズがつきやすい
  3. 耐熱性の低いものがある
  4. クリープ特性が劣る
  5. 不透明で光学用途には使えない
  6. 水蒸気以外のガスが透過しやすい

【特殊なポリオレフィン】
  1. EVA樹脂
     ポリエチレンと酢酸ビニルとの共重合体
     ゴムの代替材料
     食品包装用

  2. 超高分子ポリエチレン
     機械部品

  3. 透明ポリエチレン
     医療機器
     光ディスクの材料としても注目されている

酢酸ビニルの特徴

  1. 耐熱性がない
  2. 柔軟で親水性が高い
  3. 耐溶剤性に劣る
  4. チューインガムのベースや
     接着剤に使われている

金魚による毒性実験

MG21とEVAで金魚鉢をつくって毒性実験をしたが、金魚に異常は見られなかった。(左がMG21,右がEVA)
img_15

私がK3システムで製作した技工物

img_01

img_02

img_03

【2個目の下顎歯ぎしり装置】MG21 2mmHC
img_04

img_05

【歯ぎしり装置】
img_06
img_07

【歯ぎしり装置】MG21 2mmHC
img_01

【睡眠時無呼吸症候群のためのスリープスプリント】
img_02

img_04

img_03

【スリープスプリント装着時のセファロレントゲン写真】
img_05

img_06

【Tongue Retrainer】
img_07

img_08

img_09

img_10

img_11

img_12

【咬合斜面板】6歳5ヶ月女子
img_13

img_14

img_15

【切歯斜面版】
10歳2ヶ月女子
img_16

img_17