news
診療日程2020年10月の診療日程
診療日程2020年9月の診療日程

ご挨拶

このたび畑中歯科医院を開業いたしました。
父が30年以上にわたって歯科医療に従事してきたこの地で、
引き続き、地域医療に貢献できるように努めてまいります。
令和元年に再出発する畑中歯科医院をどうぞよろしくお願いします。

院長:畑中 知之
歯周病とむし歯歯周病とは、細菌感染による炎症が原因で起こります。
歯と歯茎の境目に汚れが残ると、歯茎が腫れたり、赤くなったりします。このような炎症を起こした状態が続くと、歯を支えている骨が溶けて無くなります。その結果、歯と歯茎の境目が深くなり、歯がグラグラと動くようになるのです。
また、喫煙や糖尿病などの全身疾患、歯ぎしりのような機能的でない咬合も歯周病を進行させる要因となります。

むし歯とは、むし歯の原因となる細菌が、酸を出して歯を溶かすことが原因で起こります。むし歯菌は、汚れが付着している部分から、歯を溶かしていきます。
一度大きく穴があいてしまうと、歯はひとりでには再生しません。そのため、むし歯を除去して、形を作り直す治療が必要となります。
また、むし歯が大きく歯の中の神経まで到達してしまうと、神経を除去する治療が必要となります。
歯を失う原因歯周病とむし歯は、歯を失う2大原因と言われています。抜歯になった後は、その部分を補うために、ブリッジや入れ歯を作ることになりますが、冠を被せた歯や、入れ歯のバネのかかる歯も、喪失のリスクの高い歯と言われています。

口腔の健康とは、いつまでも自分の歯でかめる状態でいることが、口腔の健康の基本です。そのためには、まず歯周病とむし歯を予防することが基本となります。

どちらも適切な口腔清掃を行うことで予防できる疾患です。
メインテナンス歯周病もむし歯も汚れを取り除くことが大切です。つまり日々の歯磨きが大切となります。

しかしながら、適切に歯磨きができている人は多くはありません。また、歯石が付き始めると、歯磨きだけで除去するのは大変難しいでしょう。そのため、歯科医院において、ブラッシングの状況をチェックしたり、歯垢・歯石の除去や根の表面の平滑化といった、定期的なメンテナンスが必要になります。

また、はぎしりや食いしばりのような、無意識の咬合力をコントロールするために、夜間のマウスピースの使用を推奨しています。